仕事で溜め込んだストレスを解消できる5つの方法。

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「むしゃくしゃ!むしゃくしゃ!」ストレス社会に生まれたさらりです。

・理不尽な上司の態度に腹をたてる。
・事務の女性に気を遣いすぎて辟易する。
・仕事が溜まり過ぎて残業しても終わらない。

サラリーマンは毎日、仕事で様々なストレスを溜め込んでいます。そんなストレスフルな社会に生を授かったからには、きちんとした対策も必要です。私が実践しているストレス解消法をご紹介します。

すぐに実践できる5つのストレス解消法

1.美味しいものを食べる。

美味しいものは人を幸せにしてくれます。甘いもの、油こてこてのラーメン、肉汁たっぷりのステーキ。考えただけでもよだれが出ます。普段は健康やダイエットを意識して我慢していたり、節約のために食べられなかったりするものをここぞとばかりに思いっきり食らいましょう。それは幸福感と満ち足りた気持ちに浸れるでしょう。
ただし、やけ食いはだめです。やけ食いすると罪悪感が残ってしまうため、後になって結局ストレスが溜まってしまいます。

2.お風呂にゆったり浸かる。

「お風呂は心の洗濯よ。」とミサトさんも言っていました。お風呂はいいものです。もっといいものは温泉です。ゆったりと浸かることで、体が最大限リラックスされます。肉体的な疲労を取ることで、気持ちも前向きにしてくれます。

3.ひたすら泣く。

泣くこともまたストレス解消の一つです。私はよく一人で映画館に行き、泣きます。隣の人に悟られないようにこっそりと泣きます。感動して泣いて見終わった後には非常に清々しい気分です。みなさん我慢せずに泣きましょう。

4.運動をして体を動かす。

「心が疲れたら運動しよう。」と決めています。体が疲れている時は休むべきですが、心が疲れた時には逆です。積極的に動くことで、もやもやとあれこれ考えずに済みます。私の場合は、フットサルをしている間はどんなに嫌なことも忘れられます。そのため、ある時は週に5回ほどフットサルに行ってました。(平日も仕事の後にです。)
ただし、疲れているときの運動は言うまでもありません。ゆっくり休みましょう。

5.寝てしまう。

寝ることは脳の情報を整理してくれます。寝ることで嫌なことは忘れ、楽しいことや覚えておきたいことは残しておくように人間はできているのです。「失恋の一番の特効薬は時間だ。」と言われていますが、私もそう思います。時間が経つ共に、傷は癒えていきますし、脳が情報を整理して思い出の一つに変えてくれるのです。

それでもダメな時には・・・

上記の5つを実行することで、8割はストレス解消、軽減します。単純な男、さらりです。もし、上記を試してもどうにもならない重症の場合は、非日常の空間に行く、体験をするようにします。

ディズニーランドへ行ったり、
温泉に行って仕事を忘れたり、
海へ見に行ったり、
映画館で映画を見たり、
隠れ家カフェでお茶しながら本を読んだり、
普段連絡しないような友達と飲みに行ったり、、、

これでもダメな場合は、もうね、諦めます。

なにもしない

時には「なにもしないこと」も重要です。失恋を癒してくれるのは「時間」であるように、時には待つことも重要です。私はこのようにストレス社会を生き抜いています。

まとめ

私は上記5つのストレス解消法を活用していますが、ストレス解消法は大別すると以下の2つになると思います。

1.積極的な活動によりストレスを吹き飛ばす。心の疲労の解消。
(例:運動、テーマパークへ行く、映画鑑賞)

2.消極的な活動によりストレスの浄化を待つ。肉体的な疲労の解消。
(例:寝る、泣く、なにもしない)

皆様はどのようにストレスを解消されているのでしょうか。是非ともガラスのハートである私にも良い方法があれば教えてください。

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。