妻の機嫌が悪いときに感謝される「プチ家事」7パターン。

Pocket

妻が不機嫌なときにどうするか。

妻の態度がいつもとなんか違う、妻の言葉に少しとげがあるように感じる、そのような時がありませんでしょうか?私はたまにあります。妻がどこか不機嫌なときがあるのです。話しかければ、話しかけるほど不機嫌になっていく、こちらとしても「気をつかっているのになんだよ!」と状況は悪化してしまう・・・。家庭を持つ者、誰しもこのようなご経験はあるかと思います。

そんな負のスパイラル状況に陥らないために、どうしたらよいか?やっとひとつの答えに辿り着きました。それは、「黙ってプチ家事をすること。」です。プチ家事とは、ちょっとした家事のようなものです(後述しますので、お急ぎの方は下段へ)。家事を行うのではなく、プチ家事をする。これがすごく重要なのです。

なぜ、黙ってプチ家事をすることが重要なのか?理由は2つあります。

1つ目は、妻が話しかけれたくない状況にあることです。妻としても、別に何かされたわけではないけど、なんかいまは話したくないな。そんな気分の時があるのだと解釈しています。腫れ物には触れないことが一番です。
2つ目は、がっつり家事をやり始めると、余計に機嫌が悪くなる可能性があることです。普段から行なっていることであればいいのですが、いつもと違う家事をがっつりやろうとすると、「私への当てつけなの?」、「そうじゃないの。やり方があるの。余計なことしないで!」と思われる可能性があります。こうなったら、お互いひけなくなります。そこで、さしたる影響もないが、やってくれると嬉しいプチ家事の登場です。

妻に感謝される「プチ家事」7パターン

それでは実際に我が家で行なっている妻に感謝される「プチ家事」をご紹介します。プチ家事を行う上で重要な点は、誰がやっても同じ結果が得られること、やってくれたら嬉しいこと、という点です。それでは早速いきましょう。

1. ゴミ出し

定番中の定番である「ゴミ出し」です。そんなのいつもやってるよ!という声が聞こえてきます。確かにこれは私の役割ですが、いつもと少し違うゴミ出しを行うことがポイントです。段ボールや空き缶、びん類などのリサイクル品は、ゴミ出し日が少なく、意外とたまりがちです。電池類なんかもそうです。そのような頻度がすくないゴミをまとめて出せる準備をしましょう。ゴミがなくなれば、家庭の雰囲気も良くなる。意外と効果はあります。

2.シンクに溜まった洗い物をする

ちょっとしたコップやお皿がシンクにある場合は、さっと洗ってしまいましょう。コップ類は家族が多いとたまりやすく、みんな好き勝手に飲んで、シンクにぽいぽい置いていきます。それをさっと片付けることで、「お、やりよるやん。」と妻に思ってもらえるでしょう。

3.トイレ掃除をする

重要です、トイレ掃除。普段から、私の役割なのですが、妻の機嫌が悪い時にこそやってしまいましょう。トイレにこもることで、お互いの距離を取ることができ、一人になることで冷静になるという効果もあります。機嫌が悪い時は顔を合わせずに、適度な距離を取ることも時に大切です。

4.お風呂掃除をする

トイレ掃除と同様の効果が期待できます。つまり、お互いに一人になって冷静になるということです。黙ってお風呂掃除をしている夫の姿を見て、妻の機嫌も回復するかもしれません。そして、意外とお風呂掃除は楽しいです。

5.洗車をする

これもトイレ掃除、お風呂装置と同様です。ある程度妻と距離を取りつつも、妻のためにもなることを行うことが大切です。ただ外に出かけてしまっては、帰ってきた時に余計に機嫌が悪くなっているかもしれません。

6.コロコロをかける

誰がやっても、どういう風にやっても、きっと同じ結果が得られます。ソファ、絨毯、フローリングなどあらゆるところに使えるコロコロをかけましょう。普段掃除していてもコロコロをすると、意外にゴミがごっそり取れることに気づかされます。ただし、注意してほしいことは、妻がくつろいでいるところを、これ見よがしにやってはいけません。あくまでさりげなくやりましょう。

7.普段から言われている片付けをする

普段から妻に「クローゼットのここ片付けてよ。」と言われていながらも、なかなか腰が上がらず、放置し続けていませんでしょうか。そのような場合は、逆にチャンスです。やってしまいましょう!というか、すぐにやりましょう。もしかすると妻の不機嫌の原因の一因かもしれません。

まとめ

妻の機嫌が悪い、しかし、自分に心当たりもない。(心当たりがある方は、そちらを改善することが最優先です…)そんな時には、是非、プチ家事を実行してみてください。あくまでさりげなく、そして、失敗することがない家事を行うのです。普段料理したことない方が、「よし!昼飯でもやってやるか!」というのは悪い方に転ぶ可能性が高いです。普段の妻ならいいのかもしれませんが、機嫌の悪い時には、「予定あるのに勝手に食材使わないでよ。そんな高い食材使ってもったいない。油汚れがとんでるじゃない。」と悪い面がフォーカスされがちです。

みなさんもプチ家事で妻の機嫌を良くしていきましょう!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。